豊橋木工の技術

美しい曲線を自在にする成形合板の技術。

成形合板とは木材を薄くスライスした単板を何枚も重ねあわせ、
圧力と熱を加えた型にはめながら接着することで形を作る技術です。
製品は、軽くて丈夫。無垢材では表現できない美しい曲線の製品を作ることができます。
当社ではプレス用の型も社内で設計、製作し熟練した技術者の感性とNCマシーンにより
成型、木取、加工、研磨、組立、塗装、張り仕上作業を社内一貫生産し、
お客様に御満足頂ける、快適かつ機能性を兼ねた美しいオリジナル製品をお届けいたします。

豊橋木工株式会社 豊橋木工の技術

型、という宝を、しっかりと保管しています。

成形合板でもっとも大切なものは、型と、その型を使いこなす技術。豊橋木工では長い年月成形合板に携わることで、
その宝の一つともいうべき「型」をたくさん保有し、大切に保管をしています。

豊橋木工株式会社 豊橋木工の技術
豊橋木工株式会社 豊橋木工の技術

スライスした木を何枚にも重ねて

成形合板では薄さ1ミリ~2ミリ程度の単板と呼ばれる
スライスされた木を何枚も重ねていきます。
厚い紙より薄い紙の方が折りやすいのと同じ、
厚い板より薄い板の方が曲げやすいんです。
この時悪い材料を選んでしまうと後から材料を切った際に
表側に出てきてしまうので気をつけなくてはなりません。

均一に接着剤を塗ることも品質

薄くスライスされた単板を選定したあと、
接着剤を専用の機械により塗布していきます。
接着剤が均一に塗られていないと、
接着不良を起こしたり、厚さの精度に影響が出ます。

キレイに均一に接着できるように

大きな型を使った高周波プレスで

接着剤を塗布した単板を何枚も型の上に並べ、
プレス機で押し曲げていきます。
悪い材料はこの時点で割れてしまうことも。
製品になっているのは良い材料を選んでいるから。

プレスには高周波が流れ(電子レンジのようなものです)
接着剤を短い時間で固めます。
これで曲がりが戻らない、「成形合板の部材」が出来上がります。高周波プレスを持っている家具メーカーは、それほど多くありません。

曲げられた合板を正確に加工

成形された部材を家具に必要なサイズにカットし、
加工をしていきます。
なにせ極端に曲がった材料なので、
加工もとても難しく知恵が必要です。
大きな刃物の機械でなければ加工できないことも多いため、
作業は迅速にかつ慎重に行われています。
より安全な加工を

完成した木地は、塗装し梱包まで一貫して

加工し、くみ上げられた家具は自社にて塗装・張り仕上げ・梱包まで一貫して行います。
熟練した技術作業者が責任をもって製作していきます。
安定して塗装作業を行える設備が引かれているため、
大きな数の注文にもお答えしていくことができます。

やっぱり最後は人の手で

豊橋木工では、家具を製作する機械設備を充分だと言えるように整えています。
ただ家具はやはり最後は人の手が加わって完成します。
木取り・曲げ加工・加工・組み立て・研磨・塗装・梱包の各部署において、しっかりと人の目、人の手が加わって製品になるようにいつも心がけています。
人の目と、指の腹が、一番信頼出来るものさし。

豊橋木工株式会社 豊橋木工の技術

豊橋木工株式会社 豊橋木工の技術

キレイだと言っていただける、工場を目指して。

安心で安全な作業が、安心で安全な家具を生む。
豊橋木工ではそう考え、工場をキレイに保てるように毎日必ず作業前、作業後掃除を行っています。
それは、今日一日頑張ってくれた機械達に感謝を込め、そして、その先にみなさまの笑顔を生み出せる為に。