アップライトの、材料の話

アップライトは、フレーム部分はブナ合板(ウォールナットはウォールナット表面材)、座面・足台の貫部分はブナ天然木を使用しています。材質は硬くて粘りがあり曲げやすい為繊細なデザイン表現を可能にしています。
ブナの木は、陽のあたる場所や気候の変化によって一本一本が特徴を持ちながら枝を伸ばし葉をつけて成長していきます。そのような木から私たちの作るアップライトも、1台1台異なる豊かな表情をもっています。
子どもたちの良い姿勢は自然の恵みで守られているのです。

こちらではその一例をご紹介いたします。

ブナ材木目の表情

ブナ天然木、表面材には様々な表情がございます。

A. 黒スジがある木目
B. 虎斑
C. 材色の濃淡
D. 波状の木目 その1
E. 波状の木目 その2

※ウォールナット材も、ブナ材同様に木目に表情がございます。

木口(木口面にフシなど)

薄い木材を貼り合わせた成形体は、材料を削り出して形を整える工程で、木口面に小さなフシが現れる事がございます。

経年変化

紫外線などの影響により塗料や木材の色味が変化いたします。

ブナ:白から赤みが消え、黄色味に変化していきます
ウォールナット:暖かみのある明るい茶色へ変化していきます
page top